hinmi's Blog Z
必要以上にデカイ画像が付いただけの雑記帳                                 カウンター   カウンター   カウンター  

シボナ ゴッチェ・ディ・グラッパ(グラッパチョコレート・瓶入り)

某氏が言うに、

「珍しい酒を買ったからお楽しみに」

と言うのでなんだ?と想ったらグラッパでお馴染みのSIBONO社がハンドメイドでチョコレートを冬季限定で生産していると言う、

GOCCE di GRAPPA

グラッパの雫と言う意味らしい。

P1020828.jpg


かなり度数の高いグラッパが入っているらしいので、家に帰ってから食べるようにと言う事なので(交通手段が車だから)、食べてみた。

グラッパは初体験。
不思議な味だと想ってしまったが、美味かった。



  1. 2007/02/25(日) 18:15:44|
  2. 食べ物・料理・喰い倒れ・ゲテモノ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:6

  

コメント

グラッパは

あんまり売ってないからな
近所のヤマヤにあった安いグラッパを
愛飲してたのだが最近無くなってしまった
他に売ってる店は知ってはいるが
千円くらいで買える安いのってなかなか無いのだよ
グラッパは透明なデザインの凝った瓶に入ってることが多い
中世の頃貴族同士の贈り物として使われた名残ではないかと
元々はワインの絞り粕から作った庶民のお酒だったのだが
農民どもがこっそり美味い酒を飲んでるらしいと
貴族にも知れて折角の庶民のお酒も取り上げられてしまった
という歴史のようだ
  1. 2007/02/26(月) 11:24:15 |
  2. URL |
  3. ( ´_ゝ`) #-
  4. [ 編集]

チョコの銘柄はシボナ(シボーナ?)であってんだよなぁ!?
適当に検索して当たりをつけてエントリーしてたりしてw
(;´▽`A``

絞りかすからもアルコール類ができてしまうのかぁ。
  1. 2007/02/26(月) 19:22:55 |
  2. URL |
  3. hinmi #HZLqG5b2
  4. [ 編集]

まあ、

絞り粕に加水して再発酵させて
それをさらに蒸留するのだ
中世の頃のイタリアでは
その二次発酵が終了する頃
移動式の蒸留器を馬に引かせるかしながら
農家を巡り歩きながらグラッパを作る商売が
あったそうだ
  1. 2007/02/26(月) 20:05:56 |
  2. URL |
  3. ( ´_ゝ`) #-
  4. [ 編集]

蒸留器

馬で引けるほどコンパクトなのか。
観た事のある蒸留器が中途半端な大きさだったからそう想ってしまう。
  1. 2007/02/26(月) 21:02:22 |
  2. URL |
  3. hinmi #HZLqG5b2
  4. [ 編集]

前に

うるるんで家でウオッカを作ってる家にあったのは
据付ではあったがそんなでかくない
家で飲む量を作る分にはそんなでかくなくていいから
想像するにリヤカーで引く石焼芋の釜くらいの大きさではなかろうか
一軒一軒農家を回って
「グラッパをお作りします~」
とかって商売してたようだ
  1. 2007/02/28(水) 11:58:06 |
  2. URL |
  3. ( ´_ゝ`) #-
  4. [ 編集]

=> ( ´_ゝ`) へ / いいのぉ

自家製の酒って、なんだか憧れるな。
  1. 2007/02/28(水) 22:55:01 |
  2. URL |
  3. hinmi #HZLqG5b2
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hinmi.blog2.fc2.com/tb.php/503-81d731e2