hinmi's Blog Z
必要以上にデカイ画像が付いただけの雑記帳                                 カウンター   カウンター   カウンター  

妻籠宿から その3

今日もネタが無い。

鉄瓶と囲炉裏
Canon EOS Kiss X2 / SIGMA 18-125mm F3.8-5.6 DC OS HSM

ヤカンというか鉄瓶は黒いのだが、撮って出しだと黒く潰れていて、輪郭が見えるだけだったが、RAW現像でシャドウ部を持ち上げてやる事で、蓋などのディーティールが見えてきた。
こういうのって、カメラの性能によるものなのか、撮った自分がヘボいのかよく分からない。
まぁ、露出とかあまり気にしていないから、自分がヘボいのだろうorz




  1. 2013/11/28(木) 16:17:38|
  2. 写真 風景・花・スナップなど全般|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

  

コメント

こーゆーシーンは

真ん中の炎に露出が引っ張られるでな
昔なら単体の露出計で計るとかだが
ライブビューで見れる分楽だな
フィルム時代ではもうどうしようもない
現像代もったいないの覚悟で露出変えて撮るか
なので幸せと思いなされ

  1. 2013/11/28(木) 23:41:19 |
  2. URL |
  3. ( ´_ゝ`) #-
  4. [ 編集]

⇒ ( ´_ゝ`)へ / ライブビュー

それがライブビューでは構図しか確認していないのだ。
露出計とか言っても、上がり込んではいけないような雰囲気だったので、ただAFを合わせると同時に動く露出計任せだ。(だよな?)
フィルム時代ではどうしようもないのか。
ていうか、やはりデジタルだと、あまり一発勝負みたいに撮らないで、数打てば当たる作戦で撮ってしまうからなぁ。
  1. 2013/11/29(金) 14:21:04 |
  2. URL |
  3. hinmi #HZLqG5b2
  4. [ 編集]

フィルム時代

フィルム代に現像代とコストがかかるから
間違いが許されないのに撮影直後に確認できないからな
デジタルでも一眼レフだとやっちまうのが
普段わしはライブビューに慣れてるせいで
たまにバッテリーが心もとなくなった時とかだけ
ファインダーのみ撮影する感じなので
露出補正してたの忘れて
一回逆光補正した後、元に戻さずに
ずーっと撮影しちゃってて
山盛り真っ白写真作っちゃう事があるな
まだアンダー補正で真っ黒写真だと
ガンマ弄ればまだ回復余地があるが真っ白は
救えないんだよ
あれはがっくり来る
  1. 2013/11/29(金) 17:40:43 |
  2. URL |
  3. ( ´_ゝ`) #-
  4. [ 編集]

⇒ ( ´_ゝ`)へ / フィルムだと

確かに、液晶画面で確認て訳にはいかないよな。
それよりも、フィルムが終わってから巻き戻ししないで、背面を開けてしまった事があったな。
かなりショックだった。

ライブビューだと、ファインダーと違って露出とかの情報が少ないし、バッテリーを喰うわで、X2だとなかなか使えない。
というか、バリアングルフリーでないとやはり使いづらい。
やはり細かい設定って忘れてしまうことが多いんだよな。
自分だけでないと分かって、一安心。
アンダー補正で撮るのはいいことが分かっていても、忘れていることが多いんだよなぁ。
  1. 2013/11/29(金) 22:57:30 |
  2. URL |
  3. hinmi #HZLqG5b2
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hinmi.blog2.fc2.com/tb.php/1739-33cfd904