hinmi's Blog Z
必要以上にデカイ画像が付いただけの雑記帳                                 カウンター   カウンター   カウンター  

「原始人食」が病気を治す (ヒトの遺伝子に適合した物だけ食べよう)

8年ぶりくらいに歯科医に行ったら久しぶりなので、事前調査(?)のような形で持病の事を書いていたら、通っている内科医では勧められないような治療法があるらしく、『ナチュラルパレオダイエット』、『Dr.崎谷』、『自然治癒倶楽部』でネットで検索するようにとメモを渡されたので、検索してみたらアマゾンで”「原始人食」が病気を治す (ヒトの遺伝子に適合した物だけ食べよう)”という本が売っていたので購入してみた。

「原始人食」が病気を治す (ヒトの遺伝子に適合した物だけ食べよう)

非常に興味深い内容であったが、読んだはじから忘れている。
何度も読み返さないとダメかな。
とはいえ、ポイントは抑えて覚えているような気がする。

まずは、人類の歴史で260万年は狩猟・採集の食生活が長く、農耕牧畜が始まったのは1万年だけ。
よって、260万年続いた人類の食生活の影響が強くて、現代の食生活は人類の体質に合っていないという事らしい。

なので、牛乳はダメだし小麦もダメ。
白米も一日お茶碗一杯は大丈夫だけど、玄米はダメ。

いいのは肉(脂肪分はダメ)と魚介と果物とジャガイモを除く野菜(ニンジンやカボチャもやばそうな気がするけど)と海藻とキノコと日本の発酵食品と卵。

牛乳を飲む歴史は日本では浅いし、小麦はグルテンがダメで、玄米は糠がダメらしい。

なんでも、リーキーガットと言って、これらの成分は腸に穴を開けるらしい。

http://www.nutweb.sakura.ne.jp/iframe/03_ippan/03lgs/lgs.html

本来は吸収されるはずのないものが、血液に入ってしまい色々な症状を発症するらしい。

「らしい」ばかり書いているが、自分は試していないからだ。
というか、骨を強くするために母親が牛乳をしっかり飲むように勧めるので、なんと言って説明すればいいのか分からない。
今日もお使いで牛乳パック3本を買い込んできたばかりだし。

それと、歯科医は人類は元々は食事が1日2回だったが、夜も照明が使えるようになったので、それに合わせて1日3回になったと説明してくれたが、この本にはそういった説明はなかったな。





  1. 2013/09/07(土) 17:01:20|
  2. 健康・身体・医療|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

  

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hinmi.blog2.fc2.com/tb.php/1653-9116753e